和の手作り服の作品館

アクセスカウンタ

zoom RSS 予想外に面白い ドンキホーテ

<<   作成日時 : 2011/07/24 09:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、7月末というのに朝から涼しい、昨日、大阪から帰ってきたので、今朝、涼しいあいだに荷物を下ろした、例年だと、朝から、暑くて、汗まみれになるのだが、汗も大してかかずに済んだ、助かった。

この歳になると、年ごとに力仕事がつらくなる。特に暑さに弱い。

今日12時に、テレビが見れなくなる。意地と、経済的問題で対策をしてない。毎日、お昼に、(笑っていいとも)で楽しんでいたのだが、その楽しみも奪われる。
昨日、ドンキホーテを見た、小説ではない。テレビ番組だ、高橋勝美さんがやくざの親分で、松田翔太さんが児童相談所の、気の弱い職員で、二人が衝突して、そのせいで、人格が入れ替わるという物語だが。

まわりの、わき役の方も上手だし、ストーリーも面白い。児童相談所の職員に入れ替わったやくざの親分が、自分勝手な、対応で、子供の問題を解決していく、一話完結のドラマだが、今の、子供の問題に対する、ある意味的を得た正解ではないかという解決法だ。

実際あんなに簡単に解決できるとは、全く考えないが、今の子供たちの置かれている環境を考えると、実際あってもおかしくない問題と、解決法だと思えてくる。

先週の、ストーリーがわかりやすいので簡単に述べると、引きこもりの少年が問題が相談所に持ち込まれる、エリートの一家で、仕事一筋の父親、いいなりの母親、一流校へ通いエリートを目指す勉強一筋の優秀な兄、落ちこぼれの弟、食事もバラバラ、一緒に会話することも、団らんすることもなく、落ちこぼれの息子、弟、と思う家族、典型的なばらばらの家族を、入れ替わった2人が、めちゃくちゃな対応で、最後は、家族そろって食事のテーブルにつかせるという、ハッピーエンドの話だが。

私の人生経験から、この問題のあり方と、解決法は 正解でないかなと感じさせる、すごく、児童問題に対する、一つの、乱暴で雑だが解決法を示唆しているのではないかと思う。

余談だが、それに絡めておこるまわりの出来事も、おしゃれですごく面白く、深刻な社会問題なのに、そう感じさせないいい展開と味付けだと思う。

今日の午後から、見れなくなるのが残念だ、貧乏な年寄りは切り捨てる嫌な世の中だ。

かといって、生活保護や、他人の世話にはなりたくない。自分の生活は自力でやる。憐みなんか欲しくない。人に迷惑をかけず生きていきたい。昔はテレビなんかなかった、もし余裕が出来たら考えよう。20年以上も映って頑張っているテレビ君に、すごく愛着がある。亡くなった母が買ったテレビだ。母のものはこれしかない、父がすべて持って出て行った。使い捨てでポイと捨てたくはない。ナショナルさんの誇る、素晴らしい技術力の結果を、簡単に無にはしたくない。どうにか生かすことを考えてみたい。

縞絣で、半そでを作ってみた生地が足りなかったので、いろんな記事をこまごまと組み合わせた。

肌さわりも良く、そうごちゃごちゃならず、秋口まで着れるだろう。生地の素材は綿と正絹だ。

画像


画像






復興計画














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/120/60/" border="0" alt="Tremii(トレミー)は、ショッピングで価格比較、ブログなどを評価しあい、お得で楽しくなる総合評価サイト!" />
予想外に面白い ドンキホーテ 和の手作り服の作品館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる